【まとめ記事】AWSにLaravelをインストールする

AWS

Laravelインストール手順

Laravel 8 と、PHP 8 MySQL 5.7 Apache 2.4 をインストールしていきます

Laravel のバージョンによって必要なPHPのバージョンが違うので確認してみてください

AWSでサーバーをつくる

AWSでユーザー登録がまだならユーザー登録からしよう!!
AWSで無料のAmazon Linux でサーバーをつくる

VSCodeを使ってSSH接続をする

VPSの設定等必要ですが、いろいろやって失敗したので、はじめてやるなら、こっちを先にやるのがいいかな

SSH接続の設定は下記を参照してください
インスタンスを選択して、[接続]を押すと、インスタントに接続が表示されます
SSHクライアントを選択すると、必要な情報が表示されています

SSH接続情報
Host [接続名]←自由につけてください
    HostName [パブリックDNS]←コピペ
    User [ユーザー]←基本的には ec2-user 
    Port 22
    IdentityFile [プライベートキー]←パスから入力する
VSCode SSH接続設定画面

パッケージを最新のものにアップデートする

sudo yum update -y

タイムゾーンを日本時間に、日本語設定

/etc/sysconfig/clock を開き、ZONEとUTCをそれぞれ変更します

sudo vim /etc/sysconfig/clock

[i]で編集モード

ZONE="Asia/Tokyo"
UTC=false

編集が終わったら、[ESC]、[:]、[w]、[q]、[リターン]で上書きして抜けます
ちゃんと編集できたか不安なら中身を確認

cat /etc/sysconfig/clock

つづけて日本語設定

sudo vim /etc/sysconfig/i18n

[i]で編集モード

LANG="jp_JP.UTF-8"

編集が終わったら、[ESC]、[:]、[w]、[q]、[リターン]で上書きして抜けます

PHPのインストール

PHPは、バージョン8.0 をインストールします

sudo amazon-linux-extras install php8.0

PHPのバージョンを確認します

php -v

laravel で必要な php-xml もインストール

sudo yum install -y php-bcmath php-mbstring php-xml

PHPのバージョンを表示させないように設定する

sudo vi /etc/php.ini

[i]で編集モード

expose_php = Off

メモリの上限を引き上げる

memory_limit = 256M

POST送信の許容サイズを引き上げる

post_max_size = 16M

アップロードファイルの許容サイズを引き上げる

upload_max_filesize = 16M

編集が終わったら、[ESC]、[:]、[w]、[q]、[リターン]で上書きして抜けます

設定を反映させる

sudo systemctl restart php-fpm

PHPが動いているか確認

sudo systemctl status httpd

active(running)と表示されていればOK

PHP確認

Apacheのインストール

Apache 2.4 をインストールします

yum check-update
sudo yum install httpd

Apacheのバージョンを確認します

httpd -v

Apacheを起動

sudo service httpd start

Apacheが起動しているか確認
下記コマンドを入力して、”active (running)”という文字が確認できたらOK

sudo systemctl status httpd
Loaded plugins: extras_suggestions, langpacks, priorities, update-motd
Installed Packages
Name        : httpd
Arch        : x86_64
Version     : 2.4.52
Release     : 1.amzn2
Size        : 4.1 M
Repo        : installed
From repo   : amzn2-core
Summary     : Apache HTTP Server
URL         : https://httpd.apache.org/
License     : ASL 2.0
Description : The Apache HTTP Server is a powerful, efficient, and extensible
            : web server.

MySQLのインストール

MySQL 5のインストール

sudo yum -y install mysql

バージョンの確認

mysql --version

Gitのインストール

sudo yum -y install git

Laravelのインストール

Composerをダウンロード

curl -sS https://getcomposer.org/installer | php

ダウンロードした composer.phar を移動させる

sudo mv composer.phar /usr/local/bin/composer

カレントディレクトリの移動
pwd で移動できたか確認

cd /var/www/html
pwd

ドキュメントルートの権限に ec2-user を設定する
apacheグループに ec2-useer を追加する
(ユーザー名が ec2-user の場合)

sudo usermod -a -G apache ec2-user

/var/www/html のグループ所有権を apacheグループに変更

sudo chown ec2-user:apache /var/www/html
ll

htmlのところに ec2-user と apache が表示されていればOK

Laravel バージョン8 でプロジェクト作成
(プロジェクト名を sin-twitter としているので任意のプロジェクト名に変更してください)

composer create-project --prefer-dist laravel/laravel sin-twitter 8.*

作成したプロジェクトの所有者の変更
(プロジェクト名を sin-twitter としているので任意のプロジェクト名に変更してください)

sudo chown -R ec2-user:apache /var/www/html/sin-twitter

コンテンツ

VPS

コメント

タイトルとURLをコピーしました